鉄筋構造のマンションと木造の一戸建ての固定資産税を比較しました。

マンションの固定資産税

固定資産税

マンションを購入すると一戸建と同様に固定資産税がかかります。
税額は課税標準額×1.4% + 地域ごとの都市計画税(最大0.3%)で計算されます。
課税標準額は建物と土地で独立して計算されるので、好立地で築浅物件は固定資産税が高くなります。
固定資産税の評価替は3年に1回ごとに見直しが行われて、地価が高くなれば固定資産税は値上がりするケースもあります。
ただし、建物部分は築年数に応じて減価償却を考慮されるので、ほとんどのケースでは古くなるほど固定資産税は安くなっていきます。

 

 

軽減措置

固定資産税は土地と建物で軽減措置があります。

 

土地の軽減措置(住宅用として利用した場合に適用)

小規模住宅用地(200㎡以下の部分):課税標準額を1/6
一般住宅用地(200㎡を超える部分):課税標準額を1/3

 

なお、都市計画税については200㎡以下1/3、200㎡を超える部分2/3です。
マンションは敷地全体の面積を居住用住戸の数で割った面積で計算されるので、ほとんどのケースで土地1/6、都市計画税1/3の軽減措置が適用になります。

 

 

建物の軽減措置(新築から5年間)

120㎡までの部分:1/2k軽減

 

店舗兼用など条件によっては計算式や適用条件は複雑になる部分もあります。
一戸建ても都心部や住宅街で主流の物件は土地200㎡以下、建物面積120㎡以下になるので、土地・建物ともにマンションと同等の軽減措置が適用されます。

 

 

一戸建に比べて安い?

物件の条件ごとで固定資産税は変わってきますが、全般的な傾向としてマンションの固定資産税は木造の一戸建てより高めです。
固定資産税は土地と建物で独立して計算されますが、一部の広大な庭を持つ豪邸を除いて土地よりも建物の占める割合が高いです。

 

マンションは耐久性の高い鉄筋構造が主流のため、築年数に応じて減価償却される割合が木造住宅より低いです。
その分、マンションの方が築年数が経過してから売る場合でも木造一戸建より価値の下がりにくいメリットがあります。

 

販売価格や成約価格で固定資産税評価額を指標にするケースは少ないですが、物件の価値(取引価格)と固定資産税は連動性があります。
建物の減価償却割合の少ない分だけ、中古の場合は同じ価格帯の物件でも一戸建てよりマンションの方が固定資産税は若干高めになるケースが多いです。

 

 

購入年度の固定資産税

不動産売買の一般的なルールとして、引渡し日を基準に日割計算されます。
固定資産税は1月1日現在の所有者に1年分の納付書が4~5月頃に送られてきます。
すでに購入する年の固定資産税の納付書および決定通知の発行されている場合は、その年の固定資産税に対して、引渡し日を基準に日割りで計算されます。
固定資産税の納付書が送られてくる前の1~4月に購入した場合は前年の固定資産税を基準に計算するのが一般的です。

 

固定資産税は1月1日現在の所有者が翌年度(4月1日から翌3月31日)までの1年間分の納税義務が発生しますが、売買時の日割り計算は1月1日~12月31日までの期間で計算します。
納付書は1月1日現在の所有者に納税義務があるので、売買時期を問わず、引渡し(移転登記)をした年の固定資産税は売主が支払い、買い手から売り手に日割り相当額を現金で支払います。