マンションを貸す場合は、リフォーム費用を負担しなければなりません。

購入物件で家賃収入

マンションを購入したはいいけれど、後悔しているという人も多いのではないでしょうか。
「不動産屋に騙された。」「結婚したけれど離婚してしまった。慰謝料も払わなければならないのでローンが苦しい。」など、意外にも人生最大の買い物を簡単に決断してしまい、後で後悔する人も多いのです。

 

手を出す男性の画像

 

しかし手放すのはちょっと待ってください。
ゲストハウスとして貸し出して賃料を得るという方法もあります。

 

実際に投資目的で不動産を購入する人もいます。
特に新しいマンションならば、借りても比較的簡単に見つかります。

 

自分は別の家賃の安いアパートなどに住んで、大きな賃料が見込める持ち家であるマンションを貸し出すことで収入になるということもあります。

 

 

中古物件で家賃収入

最近では中古物件をリフォームしてゲストハウスとして貸し出して利益を得る人も増えています。ただ、中古物件を修復修繕して貸し出すには、それにかかるリフォームの費用を家主である自分が負担しなければならないのは注意が必要です。

 

人生で最も大きな買い物である不動産を購入したからには、それを元手に収入をつくりだすものに変えてしまうということはもっと積極的に考えなくてはなりません。

 

 

新築購入で家賃収入

物件価値が高く、人気も高い新築を購入して、あえてはじめは自分で住まずに貸し出すということで利益を出し、数年たった頃に正式に自分の住居にするなど、そういう使い方をしている人もいます。物件価値が最も高い時に家賃収入をつくるというのは、非常に合理的です。

 

 

マンションを貸し出すときに気をつけること

 

ここで注意しなければならないのは、人にマンションを貸し出す時に一番大切なのは、信頼できる人に貸し出すということです。

 

投機目的にせよ「この人なら大切に住んでくれるだろう。」「この人なら大切な我が家を任せられる。」というような自分が貸したいと思える人に貸し出すと後でトラブルになりません。

 

家賃を払うから、何の審査もなく貸し出すと後々面倒くさいトラブルになることもあります。