初期費用の安さに釣られて中古物件を購入するのだけはやめましょう。

新築マンションについて

これからマンションを購入したいと思っている人にとって、新築マンションを選ぶメリットがどこにあるのか興味のある人も多いでしょう。

 

もちろん新築マンションは、最新の技術を駆使して作られた真新しい建物であるだけに、誰しもできれば新築を購入したいと思うわけですが、購入資金やその他の条件によっては、必ずしも新築を選ぶことが良い選択であるとは限りません。

 

新築マンションのメリット・デメリットについてまとめます。

 

新築マンションは同じ条件、同じ間取りであった場合に中古マンションよりも販売価格が高額になるわけですが、中古マンションよりも費用で優遇されるポイントがあります。それは仲介手数料です。例えば2000万円の中古マンションを購入すると60万円~70万円ほどの仲介手数料が発生します。

 

また新築マンションには、将来の大規模な改修に備えて修繕積立金を取るところも多いです。ただ販売価格以外にかかる費用は中古マンションの方が割高で、その他にも新築マンションは税制面で優遇される可能性が高いです。具体的には固定資産税の減免措置など、中古マンションには適用されないメリットがあります。

 

また重要なポイントとして、マイホームを購入するために多くの人が利用する住宅ローンでも新築マンションと中古物件では条件が違います。金融機関で組む住宅ローンは、新築購入には金利を優遇するケースも多く、中古マンションよりも低い金利でローンを組むことができます。

 

このように新築マンションのメリットは、新築販売価格だけでは知ることのできないそのほかの費用的メリットが多く隠されています。新築マンションは、少なくとも単純な築年数から来る資産の下落は中古マンションよりもリスクが少ないものと考えていいでしょう。

 

そう考えると新築マンションを購入するのにはやはりメリットが大きいということができるでしょう。
他にも住民すべての転入がスタートラインが同じなので、近所づきあいを構築しやすいなどのメリットがあります。安易に初期費用の安さで中古物件を漁らない消費者は多いです。