立地選びは、街の雰囲気や教育環境なども重要です。

立地選びで大切なこと

マンション選びで欠かせない要素として立地選びがあります。

 

通勤や交通の便

立地とひとくちに言っても様々な判断基準があります。簡単に言えば、土地柄や周囲の環境が大きな意味での立地ですが、その中でも通勤や交通の便などが大きなウェイトを占めるようです。

 

例えば、「○○駅の徒歩7分の場所に位置するので駅までのアクセスは良い、しかし勤務先まで40分かかる駅である」というように複合的に重なり合って決まるものが立地なのです。

 

歩く男性の画像

よく賃貸物件を探していると「このアパートからは最寄のコンビニまで3分です。」などコンビニエンスストアまでのアクセスがアピールポイントになることがあります。
これも立地の一つで公共機関や商業施設が近くにあるかということも大きな立地選びの条件になります。

 

 

 

雰囲気と教育環境

それと雰囲気や教育環境という面でも立地選びは重要になってきます。
この雰囲気というのは漠然としているようで、実は具体的な要素です。

 

東京の世田谷や自由が丘といった土地柄がブランド化されているのは、街全体の美観や住んでいる人の階層が高いからです。

 

住宅街の画像

例えば、街の雰囲気が悪いだとか、周囲に工場がたくさん建っているのでオイル臭が漂ってくる、夜になるとどこからか不良が騒ぎ出すなど子育て中の世代にとっては教育環境にまで影響があることがあります。

 

 

その意味で立地選びは、単に交通の便が良いとか、駅までが近いとか、単一の要素だけで選ぶべきではないということです。

 

これも人生設計と自分が希望するプランと照らし合わせる必要があります

 

 

 

立地選びは、自分の希望条件に優先順位をつけよう!

「自分が会社に通勤するためには、すこし不便だけれど子供の教育を考えたらこの土地でないとダメ」というように具体的な希望に優先順位をつけて総合的に判断することが立地選びです。

 

「世田谷区に住みたいけれど予算が足りない」そうしたら「世田谷区ほど優雅ではないけれど、マンション販売価格は高くないし、商業施設や駅にも近い」という立地を選ぶといった感じです。