マイホーム購入のための資金準備をしておくことが大切です。

マンション購入の適齢期について

悩む男性の画像

 

マンションを購入するにあたって、「何歳までに買えばいいんだろう?」という疑問にぶち当たります。もちろんマンションを購入するのに、基本的には年齢は関係ありません。

 

主にマイホーム購入といえば子育て世代の30代、40代が考えられますが、若くして20代のうちからマイホームを購入する人もいますし、逆に会社を定年退職して老後に向かってマンションを購入する人もいます。

 

ここでいう「何歳までに買えばいいの?」という疑問は、主に住宅ローン絡みの問題でしょう。

 

 

 

年齢が上がと住宅ローンの審査が厳しくなる?

住宅ローンは年齢が上がるにつれて審査が厳しくなることが予想されます。
また60歳までに完済するといったように終着ゴールが同じなら、40歳で住宅ローンを組むより35歳で住宅ローンを組んだ方が月々の返済額は少なく設定することが可能です。

 

したがって高齢で住宅ローンを組む場合には、それだけ自己資金も潤沢に備えておく必要があります。

 

 

 

大切なことは住宅にかけられる費用があるかどうか

大切なのは、何歳までに買えばいいか、ということではなく、マイホームを購入するためには人生のプランの中でどれだけ住宅にかけられる費用があるかと考えることです。

 

若くして将来的にも安定した仕事があれば、長い時間をかけて少しずつローンを返済することができます。自己資金が300万円しかなくても3000万円のマンションを購入できるかもしれません。

 

逆に定年まで20年を残して3000万円のマンションを購入する場合には、300万円の自己資金ではいけません。1000万円~2000万円くらいの自己資金を持っておく必要があります。

 

お金の画像

 

マンションのような高額な不動産を購入する場合には、いつ契約するかということが大切なのではなく、その契約時点までにどれくらいの貯蓄や資金準備をしておくかということの方が大切なのです。

 

特に最近ではフラット35などの自営業やフリーターでも組みやすいものも出てきています。
住宅ローンを組んだり、契約するのはあまり気にする必要はなく、あくまでマイホーム購入のための住宅資金を自己管理しておくことが大切なのです。