家を持つということは、人の人生や生活に大きな影響を及ぼします。

マイホームを持つ喜び

よくマンションに住む人が賃貸で暮らすのと購入して自分の所有物として住むのとどう違うのかという議論になります。もちろんこれには一長一短があります。

 

マンションを自分のものにできるのはこの上ないことですが、資金がなければ住宅ローンを払い続けなければなりません。その点、賃貸物件には高額な住宅ローンはついてまわらないのです。

 

しかしそれでも多くの人はマイホームを持とうと夢みて、住宅ローンを組みマンションを購入します。

 

こんな話がありました。ある40代男性の話です。

彼は30代の時に奥さんと子供を連れ、転勤先の東京でアパートを借りて生活していました。

 

ただ奥さんの方が、地元に対する愛着があり、引っ越しから数年たっても故郷を恋しそうにしていたそうです。彼女は夫に転職して地元に戻るようすすめていたそうです。

 

そうはいっても夫としては大切な会社でのキャリアを手放すわけにはいきません。彼は妻の故郷への未練を断ち切るためにも、思い切って30年ローンでマイホームを購入しました。

 

すると奥さんの方は、マイホームを購入したことで、その土地に根をはるように東京での生活を楽しむようになったのです。それまでは家にこもりがちだったのが、積極的に繁華街や食事に出かけるようになり、夫も今では「節約家だった家内が浪費家になった。」と嘆いています。

 

 

マイホームを持つことは今後の人生に影響する

このように家を持つということは、人の人生や生活に大きな影響を及ぼします
自分が暮らす街、今いる場所をより愛するきっかけになるのです。

 

その意味でも賃貸というのは、誰かから借りているという気持ちを持たせ、自分の家という感覚になりずらいのです。だから「いつかはこの町とも別れる日が来る」というようにどこかでネガティブな気持ちを抱えてしまいがちです。

マイホームを持つ人の画像

 

しかし持家があるということは、「ずっとこの町にいる」という気持ちを持たせ、仕事だけでなく地域の行事やご近所付き合いなど人との交流を、これまで以上に積極的に楽しく行うきっかけになります。