立地が良く利便性の高いマンションは値崩れしにくいです。

マンションの価値について

マンションを購入した人が、マンションを売却する事例は少なくありません。

 

マンションの画像

やはり人生設計には多様なものがあり、事情により売却せざるを得ない場合や「やっぱり一戸建てが良い」と言って次の購入資金に変える人もいます。

 

しかし新築でマンションを購入しても、数年のうちは物件価値は持続しますが、歳月の流れとともに、築年数は蓄積するので売却時には購入金額よりも確実に値が下がります。

 

 

不動産の値下がり率

不動産の値下がり率は、ばらつきがあります。
5000万円で購入した物件が4500万円で売れたという例もあるでしょうし、6000万円で購入した物件の価値が3000万円に下落していたなんてことも少なくありません。

 

実際に東京のある分譲マンションでは分譲の段階から販売額が下落し、当初は7000万円で販売していたのが、入居率が極端に悪く最終的に2000万円でたたき売られたという例がありました。
これは高値で購入した既存の入居者のひんしゅくを買い、不満が高まったことはいうまでもありません。

 

 

売却は慎重に

マンションは、値下がり幅が大きくなることもあるので、売却には慎重になることが必要です。

 

もし「将来的に売却するかも」と思いながらマンション購入を考えているなら、同じ購入価格なら将来的に不動産価値が下がりづらいものを購入しておくことが大切です。

 

これを簡単に見抜くことは難しいですが、将来的なニーズが担保されているとわかれば自信を持って購入することができます。その意味では立地や間取り、設備、セキュリティなどの要素を総合的に評価してメリットとデメリットを理解することが必要になります。

 

「このマンションは駅にも近いし、利便性も高い、部屋の作りもしっかりしているので大幅な値崩れはないだろう」というような将来の見通しが立てられるのです。

 

そのため、マンションの値崩れや売却時にどれくらいの価値になっているかを、日頃から研究しておくことが大切です。