あなたの持つマンション購入資金に関する様々な疑問にお答えします!

マンションの購入に必要な資金

これからマンションを購入したい読者の方にとって、「どうしたらマンションが購入できるのかしら?」「どれくらいの頭金を用意すればいいの?」「住宅ローンは組めるのか?」といった漠然とした不安があると思います。

 

ここでは具体的にマンションを購入するのに必要な資金について解説します。

 

よくマンション購入の情報誌や新聞に挟まれている物件の販売のチラシを見ると「新築3LDK3800万円」など販売価格が明記されています。では3800万円があれば、このチラシの3LDKのマンションを購入することができるのでしょうか。

 

答えはNOです。

 

3800万円はマンションを購入するための物件価格ですが、それ以外にも諸経費がかかります。諸経費とは、新築価格の3%から6%ほどのもので、内訳は印紙税や登録免許税、司法書士報酬、固定資産税、ローン保証料などがかかります。また新築物件では将来の大規模な改修や修繕のために修繕積立金を計画するところがあります。

 

こういった費用が合算されると3800万円の物件の手数料は190万円ほどかかります。

 

逆に中古物件では修繕積立金はかかることはあまりありませんが、新築物件ではかからない仲介手数料が発生します。それを勘案すると新築物件購入時よりも中古物件購入時の方が、諸経費が高くなる傾向にあります。中古物件では概ね物件価格の7%から10%ほどの諸経費が発生します。

 

上記のように3800万円の物件を購入したい場合、190万円の諸経費がかかりますから現金一括で購入しようとするとき約4000万円の自己資金が必要になります。

 

 

ただ多くの場合、住宅ローンを利用してマイホームを購入するわけなので、これに金利が上乗せされます。ただし住宅ローンは長い年月をかけて少しずつ返済していくシステムなので購入時に必要な資金は現金一括払いよりもずっと少なくて済みます。

 

住宅ローンは主に物件価格に充てられ、諸経費と頭金を用意することでマンションを購入することができます。すなわち最低限のマンション購入の必要資金としては諸経費と物件価格の頭金ということもできます。それは最低限度自己資金で賄う必要があります。