マンションの購入は人生の中でビックイベントなので焦らず慎重に行いましょう。

マンションを買う際に押さえておく点

これからマンションを購入しようと思っている人にとって、絶対に失敗しないために知っておくべきことについてまとめます。

 

マンション購入(マイホーム購入)は自分の人生にとってもっとも大きな買い物となる可能性が極めて高いです。ここで失敗してしまうと取り返しのつかない事態に陥ってしまうからです。

 

2000年代に起こった耐震偽装問題では、購入したはずのマンションが、耐震基準を満たしておらずそのマンションに住めなくなった上、住宅ローンは残ってしまうという最悪の事態に陥りました。

 

上記の例は極端な事例になりますが、実際に購入してからわかる問題点や「こんなはずじゃなかった。」といった後悔をしないためにもマンションを買うときに押さえておくべきポイントを確認します。

 

■資産価値が減らないマンションを選ぶ

 

一生暮らすための家を探している人がほとんどだと思いますが、人生は何が起こるかわからないものです。もしかしたらなんらかの事情でマイホームを手放さなければならない事情が来るかもしれません。そのときに高額で売却できるマンションであったら、もしものピンチのときも上手にしのぐことができるでしょう。
具体的に資産価値が減らないマンションとはどういうものかというと、周辺環境や駅までの距離、人気の高い地域にあるなどの立地環境で決まります。特に「どんな街に住みたいか」「そこで暮らすと便利か」といったところがマンションの資産価値を左右します。
他にも間取りや設備、日照条件などによっても左右されます。

 

 

■管理・メンテナンス性が高い

 

マンションは多くの住民が同じ建物の中に住むことになるので、共用部分やエントランス、エレベーターなど個人で管理するのではなく、管理会社などがメンテナンスをすることが多いです。この管理・メンテナンスの高いマンションは、建物自体を高い品質でキープすることができます。外壁の修繕などが定期的に行われる管理体制であれば、10年後、20年後も高い資産価値を維持することができるでしょう。

 

他にも適性価格で売買されているか、大手ディベロッパーが販売しているかなど判断材料は多岐にわたります。