高層マンションの長所短所をしっかりと把握しておきましょう。

高層マンションのメリットデメリット

高層マンションに憧れる人も多いと思います。
その先進的な生活スタイルや建物自体の真新しさなどさまざまな魅力がありますが、高層マンションであるがゆえのデメリットも多いといいます。

 

ここではこれから高層マンションの購入や引っ越しを検討している人のために、高層マンションのメリット・デメリットを解説します。

 

■高層マンションのメリット

 

高層マンションのもっとも大きな特徴として、地上階が数十階と相当に高い建造物であるということができます。特に建築基準法で規定されている地上57mを超す超高層マンションともなるとベランダやバルコニーからの眺めはとても素晴らしいものになるでしょう。

 

都会の高層マンションでは夜景や街並みを眺めるととても美しいといえます。

 

また高層マンションは収容人数が多く、多くの世帯がマンションの中に同居することになるので、共用施設が充実していることが多いです。スポーツジムや会議室、託児所などが備わっていることもあり、生活をサポートしてくれるところもあります。

 

■高層マンションのデメリット

 

高層マンションでは、そこに住む人たちに課させるマナーやルールが厳しい場合があります。例えば、洗濯ものを外に干したり、布団を干したりするときにも注意が必要です。高層マンションでは外壁に布団を干すことを禁じていることも多いです。それはビル風により強風で洗濯物や布団が飛んで行ってしまうことを防ぐ意味もあります。

 

高層マンションは、フロアがずば抜けて多いためにエレベーターによって移動しなければなりません。混雑しているときは、エレベーターが来るまで長い時間を待つこともあります。またエレベーターがなんらかの原因で停止してしまうと、その日のスケジュールに大きな影響を及ぼします。

 

また高層マンションは地震のときに高層階の住民は、揺れを大きく感じやすいといわれています。そもそも高いところが苦手という人にはおすすめできない生活空間です。