住宅ローンの返済計画をしっかり立ててから頭金の値段を決めましょう。

住宅ローンの頭金について

 

住宅ローンの頭金のイメージ

 

マンションを購入する際に必要な自己資金として、物件価格の頭金を用意する必要があります。

 

頭金とは、物件価格が3000万円だとすると、例えば500万円と1000万円とかの自己資金を割り当てることです。頭金が500万円あれば残りの2500万円分を住宅ローンで賄えばいいのです。

 

頭金とはマンション購入の際に必ず用意しなければならないものではありません。

 

最近で金融機関の価格競争からは頭金が0円で、物件価格どころか諸費用まで全額貸し付けてくれる金融期間も増えてきています。

 

どうしてもマンションを購入したいという人は、頭金が0でも物件価格である3000万円を金融機関に借入れて購入すればいいわけです。

 

では、なぜこの住宅ローンに頭金が必要なのでしょうか?

 

それは住宅ローンの返済額を減らし、利息を少しでも減らすためです。

 

住宅ローンで3000万円の借り入れをすれば、月々の返済額は大きくなり、家計に負担が及ぶことは必至です。

 

しかし頭金を1000万円用意して、住宅ローンの借り入れ額は2000万円まで抑えることができれば、月々の返済額は減り、返済期間も少なくなる可能性があります。

 

例えば毎月10万円のローン返済があるのと、7万円の返済額であるのでは生活の質が大分変ってきます。

 

したがって住宅ローンの頭金は、必ず用意しなければならないものではないけれど、多く用意しておけば必ず後の支払いを少なくしたり、返済期間を短縮できるなどメリットがあります。

 

もちろん頭金を多く用意することでデメリットも発生してしまいます。

 

頭金はいわばそれまでの預貯金を使用することのなので、すべての預金を頭金に充当してしまうと、他の家計に影響を及ぼす可能性があります。

 

生活費や子供の教育費など、住宅費用以外にもお金はかかるもので、マンションを購入したいがゆえにすべての住宅ローンの頭金に充ててしまうのはややリスクがある行為といえるでしょう。
その上で頭金は、住宅ローンの返済期間や月々の返済額などを計画的に考慮してバランスよく配分する必要があります