短期的に決着をつけずに、慎重に吟味検討してマンション購入を考えましょう。

理想のマンション購入とは?

高層マンションからの景色の画像

住宅情報誌を眺めていると晴れ渡った青空のもとマンションに隣接するみどり豊かな公園が広がり、高層階から都会の街並みを眺望する夢の国のような世界が広がっています。

 

自然界の美しい場面だけ抽出したかのような窓から室内に漲る採光。そして新築のマンションに組み込まれた最新のキッチンや床暖房、独立したクローゼットや真っ白なバスルームなどなど、あたかも天国が再現されたかのような世界を垣間見ることができます。

 

これからマンション購入を考えている人は、このように夢のマイホームを手に入れる喜びに胸を躍らせる反面、それに伴う住宅ローンの返済や「もしかしたらマンション購入を失敗してしまうかも」というような不安になっている人もいるでしょう。

 

理想のマンション購入とは何かを考えていくと、多くの問題にぶつかるのがわかります。

 

 

 

マンション選びで直面する問題点

マンションを購入すると言っても楽しいことばかりでなく難しい用語やワードを調べなければならないこともあるので、骨の折れる作業を伴います

 

立地

例えば立地の問題ひとつを取り上げてみても通勤時間に軸を置くのか、それともブランド感のある土地選びに重点を置くのかで状況は変わってきます。

>>立地選びのポイント

 

広さ・間取り

広さや間取りという基本的なことにしても、誰と住むのか子供は何人くらい生まれる予定なのかで2LDKにするのか、3LDKにするのか選択が変わってきます。

>>間取りと専有面積について

 

防災性・耐震性

東日本大震災以降、人々の防犯意識は高まってきており、マンションに対する防災性や耐震性にも大きな注目が集まっています

 

購入検討物件が、どのような防災対策がなされているのか、耐震設計は十分か、基本的な構造は鉄筋コンクリートなのか鉄骨鉄筋コンクリートなのか、こういった基本的な情報を調べることが重要になってきます。

 

住宅ローンと購入時期

また住宅ローンとの関係をいえば、何時の時点でマンションを購入するかということも考えなければなりません。30歳で購入するのか、40歳で購入するのか、これによって住宅ローンの返済計画は大きく変動しますし、用意しなければならない自己資金の額も変わります。

 

 

 

中古マンションについて

また新築マンションだけでなく中古マンションにも意外に優良物件があることを見逃してはいけません。資金的にも楽になり、むしろ中古マンションを購入したことでプライス以上の満足が得られたという事例も少なくありません。

 

また築年数がある程度経過して、比較的老朽化して内装も古くなったマンションでも、あえてそれを購入してリノベーションを施して住もうという人も増えています

 

これは低コストで真新しいマイホームを購入するためのノウハウでもあります。

 

 

 

マンション購入で大切なこと

勉強する女性の画像

 

マンション購入は人生最大の買い物であると同時に住宅、不動産、金融、建設など多くの分野を学ぶ勉強の時期でもあるのです。実際にマンション購入を通して人間として成長できたと実感している人も多いでしょう。

 

情報収集

理想のマンション選びとは、より多く学んで、地道に努力して情報を集め、吟味検討した人だけが得ることのできるご褒美のようなものです。決して運命的な出会いがあって気が付いたら最高のマンションに出会えたということではありません。

 

設備等の有無

最近の新築マンションは、太陽光発電などの次世代発電システムが組み込まれていたり、床暖房システムや魔法びん浴槽、さらにはミストサウナなどの新しい機能が組み込まれているので、そういった機能の維持・管理、必要な機能なのかなど、どれだけメリットがあるかということも考える必要があります

>>機能やセキュリティーについて

 

長い時間をかけて考えること

そして最後に付け加えれば理想のマンション選びは豊富な情報収集を長い時間をかけて蓄積させることが重要です。短期的に決着をつけようと焦っては間違った選択をしてしまうでしょう。
気を長くもって辛抱強くマンション購入を考えましょう。

 

売却する時のことも考えておくこと

購入したマンションを売却することになった時のことも考えておきましょう。
不動産価値の下がらない場所のマンションを購入しておけば、もしも売却することになっても、高値で売れる可能性もあります。

 

また、不動産業者によって査定金額が違うので、複数の不動産業者で不動産査定を行い、売値の比較をきちんと行いましょう。